• csm_ocean_freight_-_Copy_01_8fa4347c63

朗報です!同社の3番ワイヤーボンダーが正常に稼働しました!

2018年4月30日、数ヶ月のデバッグを経て、新たに購入した3号線金網の稼働に成功し、社長の他のリーダーが最初の金網の製作に参加しました。

この装置は、熱間圧延リブ付き鋼棒、冷間圧延リブ付き鋼棒、および滑らかな丸い冷間引抜鋼棒の高品質のクロス溶接に使用でき、大出力、高精度、便利な変更、低故障率、強力なエネルギーを備えています-節約と高品質。機器はPLCプログラマブルコンピュータによって制御されます。スチールメッシュの幅と間隔は、必要に応じて調整できます。グリッド間隔の異なるメッシュは自動的に溶接できます。タッチタイプの制御画面を使用すると、画面を介して機器の動作状態をリアルタイムで監視し、製品が認定されていることを確認できます。

今年の初めから、主要なお客様からのご注文が相次いでいます。No.3ワイヤーメカの生産は、同社の生産能力を大幅に向上させ、顧客の需要に応える強力なサポートを提供し、注文納品の適時性を向上させ、企業の急速な発展を支援します。

同社は過去2年間に2つの完全自動化された生産ラインを追加し、溶接鋼メッシュの生産量は大幅に増加しました。同社はオーストラリアのACRS認証を4年間取得しています。国内外の受注も年々増加しています。また、今後の開発に向けて、国内外のお客様のニーズに合わせた設備の追加を予定しております。


投稿時間:2020年9月18日